« 蚤の市/10/6・10/20 | トップページ | 全感覚派新宣言 »

2013年11月 3日 (日)

2013.11/4より「第二回全感覚派美術展」開催 (2013.11.3更新)

「第二回 全感覚派美術展」を開催します。
DMイメージ追加しました!
Zenkankaku2_3
*谷口雅洋さんの展示は都合によりなくなりました。。

-----
第二回 全感覚派美術展
会期:2013年11月4日(月)〜11月10日(日)
場所:清川泰次記念ギャラリー内区民ギャラリー
 157-0066 東京都世田谷区成城2-22-17
 http://www.kiyokawataiji-annex.jp

参加作家(敬称略50音順)
 あんまり
 一輪社
 内田百合香
 高橋辰夫
 谷口雅洋
 福士千裕
 吉田和貴

あんまり / anmari
女のようなものについての物語をイラストや漫画で描く。
http://anmarihidoi.web.fc2.com/
cherry_to_beak@hotmail.com

Anmari01

Anmari02
————————————
一輪社 / ichirinsha
ボールペンでよくわからない絵をよく描いています。
Ichirin1
Ichirin2
————————————
内田百合香 / Yurika Uchida
画家
1990/1/27 神奈川県厚木市生まれ B型
中国:日本(4:1)のquarter 国籍は日本
両親は中華料理屋を経営
好き:散歩、トマト、布団、おやつ
嫌い:勉強、運動、クモ、ボーリング
特技:へそがつまめる(自分の)
将来の夢:隠居

home:http://minomusinomon.web.fc2.com/
tumblr:http://hagikayuri.tumblr.com/archive/
twitter:https://twitter.com/hagikayuri

Pic01
Pic02
————————————
高橋辰夫 / Tatsuo Takahashi
美術家。1964年東京生。Taxxakaを自称。多摩美術大学美術学部デザイン科卒。「映画」を軸に思考。日常の雑事や文学、街や女の子を妄想し、絵や映像で主に平面上に作品化する。音響実験ユニットのHAKONEを安永哲郎と組む。泉沢儒花とグラフィックユニットBit Rabbitを組み美術冊子「appel」を発行、同名のショップを運営し、サブカルと美術の境界を模索した。その後「オルタナ美術部」を経て「全感覚派」を構想、現在自主雑誌『全感覚』を発行している。個展多数。現代写真の動向2001(川崎市市民ミュージアム) 出展。『第1回 所沢ビエンナーレ美術展「引込線」2009』カタログに原稿寄稿。
Girl_2013_2
Cloud_2013_3
————————————
谷口雅洋 / Masahiro Taniguchi
1949年愛知県豊橋市に生まれる。小学校三年の夏休みに博多の両親の元に転居。奈良屋小学校、博多第二中学校から福岡高校に進み、おまけで福高研修学園に通う。東京綜合写真専門学校に入学するも、バリケード封鎖、しばらくバリケード内で生活。学校再開時進級せず、三年制の学校を四年かけて卒業し、研究科に進む。銀座ガレリアグラフィカ、荻窪清水画廊での個展を経て、新大久保にフォトギャラリープリズムを仲間と共に立ち上げ企画運営に関わる。1980年代、『日本カメラ』誌などに写真展評など批評活動を行った。『つくば写真美術館85』『寫眞・展』『現代写真の動向展』『写真の仕草・展』などの企画に参加。

28fe214ab76311e2b62722000a1fbc10_7
Bc998b84ba7d11e2bdf822000a1fa51c_7

————————————
福士千裕 / Chihiro Fukushi
1989年生まれ
まんが&何か
ホームページ http://zombiebi.web.fc2.com/

2012_2 「せんねんとせんえん」 (2012)
20112 「キュイーンなお方」 (2011)
————————————
吉田和貴 / Kazutaka Yosida
1973年東京生まれ。東京綜合写真専門学校研究科卒。主な展示に、1995「組織せず 放棄せず ただ視る」core(東京)、2005「静止している様子な世界のための」gallery Archipelago(東京)、2009「すこしも考えていなかった」art & river bank(東京)、2010 yosidak+Taxxaka 二人展「しかし、いずれの場合においても」アブラウリ(東京)、2013「どうして僕はこんなところに」mujikobo(横浜)など。
_mg_7464a
_mg_7525a
————————————

« 蚤の市/10/6・10/20 | トップページ | 全感覚派新宣言 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蚤の市/10/6・10/20 | トップページ | 全感覚派新宣言 »